こんにちは、shark宮本(@shark48761422
)です。

先日、些細な事から妻と喧嘩になってしまいました。

原因は、息子が同じ事を何度も私達に質問してくる事。

妻が「同じ事を何度も言わない!」と注意しましたが、息子はふとした時に思い出しまた質問をしてきました。

子供というのは一度興味を持つと、その事にとても執着してしまうというのは分かっています。

なので、私は何度かその質問に答えたらそれ以後は、「さっき何て言ったっけ?」と本人に気付かせるようにしています。

それでも、彼のスッポンのようなしつこさ!まだ覚えてんのか!と思うくらいの記憶力には拍手してやりたいです!笑

妊婦の妻は今までの妻とは別人と思え。

子供の前で大きな声で言い合いをしてしまい、妻は涙を流しベランダに出て行きました。

イライラしてると人間周りが見えなくなるものですね…

あの時一番冷静でいなきゃいけなかったのは私です。

妻が息子を攻め続けているのが可哀想に思え、そして段々と腹立たしい気持ちを抑えられずに妻に言ってしまった一言は、まだ小さかった火にガソリンを投げ入れ爆発させたのと同然だったと思うと、とても後悔します。

いつもは家族3人で寝ていますが、この日は別々で寝る事になりました。

息子と一緒にベッドに入り、彼を寝かしつけた後、私は『妊婦のイライラ』をテーマにし、Googleで検索しました。

調べた結果、私が一番共感出来た内容が、

妊婦の嫁は今までの嫁とは別人と思え

でした。

この言葉を見た瞬間私は思い出しました。

『I’m always angry 』

アベンジャーズのハルクの言葉です!

家にハルクが居ると思えば慎重にならざるを得ませんね!

スミマセン、冗談です!笑

間違っても奥さんに「ハルク」なんて言わないで下さいね!!絶対です!

喧嘩どころか離婚問題にもなってしまうかもしれないので…(^^;)

知っていたつもり

妊婦さんはツワリが大変、重いものが持てない、情緒不安定になる。

それらをカバーするのが夫の役目!

「そんな事当然だ!分かってるよ!」

と、思った方は私と同じ事で喧嘩をし、奥さんを悲しませてしまうかもしれません。

  • 自分の妻がどんなツワリなのか
  • なぜ重いものが持てないのか
  • なぜ情緒不安定になるのか

人から聞いた話、テレビで見た話も大切かもしれませんが、自分で調べるという行為が人間には一番記憶に残ります。

なので、是非調べて下さい!

私は喧嘩をしたその日の夜に、なぜ妊婦さんがイライラしてしまうのか調べました。

イライラがホルモンバランスの乱れが原因たどいう事は知ってました。しかし、イライラをコントロールする事ができないというのは予想外でした。

妊娠もしていない私ですらイライラを止められなかったのに、ホルモンバランスが乱れがちな妻にイライラを止めろ・抑えろと思っていた自分が情けないですし、全然理解してあげれていなかったんだと気付きました。

私の妻のツワリは吐き気があったり具合が悪いというツワリではありません。

常に眠たいんだそうです。

「いつでも寝れる」とよく言ってます。

眠たい原因がツワリだという事を妻に教えてもらうまで、妊婦さんは皆んな眠たくなるものと思っていました。

それがツワリだとは知りませんでした。

重たい荷物を妊婦さんが持ってはいけないのは、お腹が大きく危ないからではありません。

まだお腹が大きくない時でも、なるべく腹筋に力を入れない方がいいんです。

床に置いてある物を取ろうとすると前屈みになりますよね?

その姿勢も妊婦さんには良くありません。姿勢と同じように子宮も前屈みになり、圧迫されてしまうからです。

私はこれらの理由を全然知りませんでした。

こういった事があるから

妊婦さんには気を遣わなければらないのです。

意識する

上記で述べた事を理解する事が出来たら

次は、それを常に意識する事が重要です。

私も今、意識しています!

具体的に

  • 買い物に行った時の荷物を重い物は私が持ち、軽い物を持ってもらう。
  • 家の掃除は床拭き、風呂掃除、トイレ掃除など前屈みになりそうな所は私がする。
  • 夕飯の支度や食器洗いなども妻の様子を見ながら私が代わりにやったり。

こんな事をしています。

私がサイトを見て調べた「妊婦だった頃の女性が夫にしてもらって嬉しかった事」の回答の中で、「夕飯の支度をしてくれた」というのが多かったです。

やはり、夕飯の支度は毎日やっている主婦達からすると面倒な事なのかもしれません。

妊娠を期に具合が悪かったり、お腹が大きく辛かったりすると、それらをたまにでも代わりにやってくれるのは凄く助けになる事なのでしょう。

なので、料理が出来ない!と決めつける前に妻が妊娠した事をきっかけに料理する事にトライしてみるのも良いと思います!

私も昔は料理が出来ませんでしたが、妻の手伝いをしているうちに楽しいと感じる様になりました!

今では4才の息子が私の料理を「美味しい!」と言ってくれるのが凄く嬉しいです(^^)!

何かが原因でパートナーが入院してしまった場合でも子供に料理を作ってあげられます!

出来ない!ではなく

慣れていないだけです!

家事が出来ればパートナーの負担を減らしてあげられます!

ストレスフリー

妊婦のパートナーの言う事を全てyesで応えろと言っている訳ではありません。

ストレスフリーである事が大切なのです!

パートナーがストレスを感じると、お腹の子供も影響受けます。

それが酷いと障害を持つ子が産まれるかもしれません。

最悪の場合、流産になってしまう事も…

障害を持つ子が悪いと言う意味ではありません。しかし、誰しもが健康で元気な子が産まれる事を望むはずです。

パートナーのストレスを少しでも軽減させてあげられる様に気を遣い、行動してあげられるのは私達でしょう。

これから産まれてくる子供の為、愛する妻の為、みんなが幸せでいられる様に支えるのが夫の役目であり、努めだと思います!

共に頑張りましょう!

仲直りのきっかけ

最後に、

今回の私達の喧嘩は最終的にお互いに非を認め合う事で終息しました。

喧嘩の翌日、私の仕事が終わり妻から「仲直りをしたいから今夜3人でデザートを食べようと思うけど何が食べたい?」と電話がありました。

私は「君が食べたいのを2つ選んでそれを半分づつ食べよう」と提案し、その日の夕飯の後に3人でデザートを食べました!

仲直りのきっかけがなかなか見つからない!

と、悩む人も居るかもしらないので是非参考にしてみて下さい(^^)!

他にも育児についめ書いた記事がありますので、読んでみて下さい:)

#男性目線で初めて子供が出来た時の気持ちについて。