こんにちは、shark宮本(@shark48761422
)です。

私は中学、高校と英語に興味はあったものの、勉強が得意ではありませんでした。

でも英語の音楽は好きでした!

私が中学の英語の授業で聴いて好きになった思い出の2曲です。

  • Chicago  Hard to Say I’m Sorry/Get Away
  • Carpenters Top of the world

高校生になってから英語歌詞の曲が多いJ-Rockバンドや洋楽のアーティストを聴くようになり、当時が私がよく聴いていたのがこのアーティスト達です!

  • ELLEGARDEN
  • RADWIMPS
  • Avril Lavigne
  • Backstreet boys

そして、なにより私に衝撃を与えたのが

  • Nickelback s.e.x.

これです!

曲の始まりから最高で!

ヤバイ!!超カッコイイ!!

ってなり、今では彼らの大ファンです!!

そこから、英語の歌詞を知りたくなって少しづつ単語を調べるようになったのが、私の英語に対する興味のきっかけです(^^)!

HelloTalk

さて、前置きが長くなってしまいましたが。

私は英語の勉強にアプリのHelloTalkを使っています。

これは世界のみんなと繋がれるアプリです!

英語レッスン受ける金も時間も無い私には、とても有り難いものです。

そのアプリで以前誰かが

『〜は、と 〜が、の違いは何ですか?』という質問を投稿してるのを見ました。

普段何も意識せずに『〜は』と『〜が』を使っていましたが、これの違いを説明してくれと言われると正直困りました。(^^;)

私はその投稿に答える事が出来なかったのんですが、説明するならどう伝えれば良かったんだろう?と結構考えました。

例えば

日本語で『私は宮本です』

英語だと『I’m Miyamoto』ですね!

これを『〜が』にすると『私が宮本です』

英語だと『I’m Miyamoto』

英語だと同じになるんです!

これは日本語を勉強してる方々からすると、一緒じゃねーか!何が違うんだよ!

Why Japanese people!!! ってなりますよね笑

僕のヒーローアカデミア

今ではワンピース、ナルト、ブリーチに並ぶ人気がある、僕のヒーローアカデミアをチョイスさせて頂きます!

私もヒロアカが大好きなので(^^)b‼︎笑

先程の『私は/が宮本です』

これをあの人のセリフで考えれば分かりやすいのでわ!?と、私は思ったのです!!!

そう!オールマイトです!!

いやー、このセリフはシビれますよね!笑

この『私が来た』『l am here』

これを『私は来た』に変えても『I am here 』のままなんです。

しかし、このオールマイトのセリフ、英語の表現は同じでも、日本語だとインパクトが大分違います!!

みなさん想像してみて下さい!

オールマイトを知らない方は筋肉隆々の熱血アメフト選手のような人で、その人は絶対的なスタープレーヤーです。

そのオールマイト氏が図太い大きな声で

『私が来た!!!』

と、言えばかなりインパクトがあります!

更には安心感さえ感じられますね。

再度ご想像を。

今度は『私は来た!!!』です。

どうですか?

私が想像した印象は

『あ、オールマイト来たんだ。うん、待ってたよ( ˙-˙ )』

なんか拍子抜けな感じしますよね。笑

『人物を強調する』『Emphasize Person』

『〜が』を使う場合のポイントは、

人物を強調して伝えたい時だと思います。

例えば

イレイザー「この役割なんだが誰かやってくれないか?」

イイダ「ハイ!私[が]やります!」

これは自分が仕事を引き受けるアピールの発言ですね!


ヤオヨロズ「まぁ!誰[が]こんなに部屋を散らかしたのですか!?」

ミネタ「オ〜レ〜だ〜よ〜‼︎」

ヤオヨロズ「ミ、ミネタさんですか

…早く片付けて下さい!」

部屋が散らかってる会話、私の家でも嫁と息子がこんなやりとりをしてます。笑


アオヤマ「やぁ〜!君[が]B組のシンソウ君かい?」

テツテツ「ちげーよ!」

シンソウ「俺[が]シンソウだ」


こんな感じで、『誰(人物)』を強調して示したり、伝えたい時に『〜が』を使う時が多いと思います。

でも、初めて会う人に

『初めまして!私[が]宮本です。』と、自己紹介するとか圧力を感じでしまうので

この場合は『私は』を使いましょう!笑

まとめ

ここまで私なにり考えながら説明してきましたが、正直考えれば考える程自分でもよく分からなくなってきました。笑

この『〜は』と『〜が』の使い分けをこれらをマスターするには、とにかく使ってみるのが1番の学習方法です!

間違ってても良いんです!

たくさん使って指摘を受けて改善しすれば、いつかは自然に言えるようになるはずです!!!

You can do it!!

私が知識の無い脳で導き出した答えは!

人を強調したい時は『〜が』を使うにべし

です!

少しでも日本語を勉強している方々の助けになればと思い書かせて頂きました。(^^)

参考にしてみて下さい!